北海道のかすべの旬とおいしい料理

 かすぺと言うとあまり知られていませんが、エイと呼ばれる魚です。オホーツクでは1年中獲れますが、旬は冬になります。

 かすべは、アンモニア臭があるため癖がありお刺身でも食べれますが、お薦めは煮付けと煮凝りですね。両方とも北海道でもかすべの定番とされている食べ方です。エイの煮付けは、いろんな煮付けの仕方があり、圧力がまを使ったり醤油ベースの他にオイスターソースの煮付けもあります。いろんな煮付けを試してみてはいかがでしょう。煮付けや煮凝り以外に、かすべの竜田揚げやかすべのムニエルかすべの燻製や唐揚げなどの食べ方もあります。かすべのぬたもかすべのこりこり感がたまらない料理です。他にも干しかすべがあります。水揚げ後素早く一夜干しにすることで、かすべの価格が上がります。一夜干しかすべは、肉厚で大変おいしく鍋物として料理します。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のししゃもの旬とおいしい料理

 ししゃもは、北海道では昔から獲れていた魚ですが、近年漁獲漁が減り輸入物が多くなりましたが、今でも北海道で獲れる魚です。

 ししやもの旬は禁漁が明ける11月が旬です。ししゃもの見分け方は、腹が割れておらず卵を多く持った大型のもので、皮がぬるぬるしていない物。国産との見分け方は尾びれや腹びれが大きくてまるく、皮はあめ色(輸入物は青い感じの色となっていいます。)の物を選びましょう。

 ししやもは、栄養価が高くてカルシウムやビタミンB2やビタミンEを多く含まれており、アルツハイマーの進行抑制の効果もある魚です。

 ししゃもは頭から尻尾まで全て食べれるので丸かじりがいいですね。さっとあぶるだけの焼いたものが美味しいです。注意することは焼きすぎない事、特に子持ちのししゃもは焼きすぎると卵がはじけたりします。

 南蛮つけやマリネもおいしいですし唐揚げも最高です。これらの料理でも丸かじりできます。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のにしんの旬とおいしい料理

 昔からニシンの産地だった北海道ですが、乱獲により最近では数が激減しております。漁獲の回復に努めているみたいですが、まだまだ先になるようです。その為に殆どの物が輸入によって流通しています。

 にしんの旬はその食材によりわかれます。ニシンの卵である数の子の場合の旬は春の3月から5月と言われております。ニシンの魚そのものの場合は、産卵前の秋が旬になります。

 数の子はお節料理の食材でも有名ですが、他の料理としても和えものとしての利用が多く手を加えずに食べるのがいいかもしれません。

 にしんの魚自体の料理では、定番ばかりですが、ニシンのお刺身、塩焼きや一夜干しと煮付けもありますね。有名な所ではニシンそば、かけそばの上にニシンの甘辛煮をのせたそばで、北海道や京都での名物となっています。北海道と京都で名物となっているのはニシンが京都に北前船で輸送されていた為に北海道と京都の名物となりました。他移動の小樽市ではニシンそばをアレンジした「群来そば」が売られています。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のほっけの旬とおいしい料理

 ホッケの旬は、春とか夏から秋と諸説ありますが、北海道の羅臼産は年中獲れ旬は春と秋になります。

 北海道の羅臼産のホッケは、居酒屋で食べるホッケとは違い脂がのっていておいしいです。(中には羅臼産として居酒屋で売っているお店もあります。) ホッケの一夜干しはやり方で値段の味も大変変わる海産物です。

 料理としては定番中の定番である、ホッケの一夜干しを焼いて大根と醤油をかけて食べるのが美味しいですね。ホッケのフライやハンバーグとしても料理できます。

 これ以外の食べ方としては、ホッケご飯に興味がわきました。作り方は簡単で焼いたホッケをご飯に混ぜて、スダチをかけるのがポイントみたいです。一度作ってみてください。ホッケのすり身を使ったさつま揚げも、一度食べてみたい料理ですね。ホッケが好きな人にはまた違った味わいになるかもしれません。ホッケの料理が色々あるのは驚きました。正直ホッケ焼きしか食べた事がないので他の食べ方にも挑戦したい海産物です。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のやりいかの旬とおいしい料理

 ヤリイカは、北海道では松前町から漁が始まって函館市などで漁が続きます。

 旬は漁が春先からおこなわれる事もあり4月からが旬になります。漁は4月から6月ごろまで行われます。

 ヤリイカの選び方は、胴の部分を指で押すと身が縮み色が変わる。透明感があり光沢がある物で目が澄んでいる物を選びましょう。

 料理ですが活きのいいヤリイカの場合は、刺し身で食べるのが1番ですね。刺し身で食べるのは外せません。丸焼きや煮付けにもヤリイカはもってこいです。寿司のネタにも使われ、一部の寿司店ではやりいかの生げそを食べれるところや活き姿寿司もあります。

 変わった食べ方としてなめろうがありますね。ヤリイカでもイカ飯として食べる事もできます。

 因みにヤリイカは雄はお刺し身で、雌は煮付けにと雌雄で食べ方が違うとは、変わった海産物ですね。ちょっとびっくりです。

 ヤリイカは今では日本全国で刺し身でも食べれるほどの鮮度の良い海産物です。保存の技術の進歩にもびっくりです。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のするめいかの旬とおいしい料理

 日本海から北上してくるマイカ(スルメイカ)は、北海道では夏が旬の海産物で7月から漁が解禁となります。北海道の函館では漁火漁として有名でイカの中のイカという意味でマイカと呼ばれています。(諸説あり) スルメイカの選び方は目が美しい黒である事。表皮の色がはっきり残っていいる事。触った時に色が変わると新鮮なものになります。 スルメイカの料理ですと新鮮物はイカソーメンと呼ばれるお刺身で食べるのが一番でしょう。縁日の屋台で売っているイカ焼きもおいしいですね。煮物にも最適ですしシーフードカレーももってこいです。 この食べ方は好き嫌いがありますが塩辛がありますね。酒のつまみのもご飯に乗っけてお茶漬けにして食べる方もいます。 スルメイカを使った、いかめしという駅弁もあります。いかめしは1941年ごろ誕生したものでロングセラー商品です。デパート等の駅弁祭りには必ず出展されています。一度食べてみてください。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道の甘エビの旬とおいしい料理

 甘エビは越前は福井県が有名ですが、北海道でも水揚げをされています。甘エビの漁獲高は、北陸よりも以外に北海道の方が以外にも多いのには驚きました。

 甘エビの旬ですが北海道では3月から漁が解禁となることから春が旬ですね。甘エビは正式には北国赤海老と呼ばれております。殻が柔らかくて剥きやすい甘エビは、生で食べると身がとろけて甘くおいしいです。

 甘エビの選び方ですが、頭がついているときは頭がぐらついている物は避け身がしっかりしている物を選びます。頭がない物は、透明で殻のつやが良く身に張りがある物を選びましょう。鮮度が落ちると尾や足の付け根が黒く変色します。それからエビは鮮度が落ちやすいので、悪臭のあるものは絶対に避けましょう。

 甘エビの料理は、定番の刺身か海鮮丼が一押しです。剥いた殻を使った味噌汁も絶品ですね。甘エビは冷凍ものでも刺身で食べれる物は是非お刺身で食べましょう。甘エビは生で食べるのが1番おいしいです。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のぼたんえびの旬とおいしい料理

 ボタンエビは富山が有名ですが北海道の函館で獲れます。猟期は春と秋になっており春の2月から4月が旬と言われています。このボタンエビは年に2回の漁期がありますが、春は子持ちのボタンエビではありません。秋には子持ちのボタンエビがあります。子持ちではないですが旬の時期のボタンエビを食べるのも良いかもしれません。

 ボタンエビの食べ方としては定番の刺身で食べるのが1番でしょう。冷凍してあるものでも刺身用になっていれば問題ないはずです。刺身で食べるのが、天ぷらやフライよりは間違いなくおいしいはずです。刺身で食べれるなら海鮮丼や寿司のネタとしても良いですね。ボタンエビを刺身で食べたら頭と殻を捨てずにこれを使って味噌汁を作りましょう。ボタンエビの出汁が出ていておいしいですよ。子持ちのボタンエビも刺身で食べるのが最高ですね。春と秋で食べ比べるのも面白いかもしれません。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道の北海しまえびの旬とおいしい料理

 北海シマエビは1年に2回漁が行われます。この2回(夏漁6月から7月、秋漁10月から11月)のうち秋漁の時が身が島ていておいしいと言われているため旬は秋漁の期間でしょう。

 傷みやすい高級なエビ北海シマエビは、北海道の人でも生のシマエビはなかなか食べれないそうです。北海シマエビは生で手に入れる事がほとんど不可能なため、購入した場合でも茹で冷凍保存されています。それでもおいしさは格別で1番ぜいたくな食べ方は、何も手を加えない事です。塩ゆでをされている事がほとんどなので、解凍したらそのまま食べましょうぷりぷりの身が美味しいです。寒い冬には北海シマエビの頭のだしが出た汁ものも温まりますね。こうすると味噌がまろやかになり更においしく食べれます。茹でたものも最高ですが焼いたものもおいしいそうですが、両方ともあまり手を加えないのが美味しい秘けつではないかと感じました。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のつぶ貝の旬とおいしい料理

つぶ貝と呼ばれるマツブ(エゾボラ)は、北海道を中心に獲れる貝です。このつぶ貝の猟期は短いですが保存技術の進歩から1年中食べれます。旬は北海道では7月下旬から獲れ為旬もこの時期になります。

昔は不老長寿の妙薬とされていたつぶ貝の食べ方ですが、刺身用の物はやはり刺身で食べるのが一番です。すしのネタにもなるつぶ貝は大変おいしいのですが、注意しなければならないのがつぶ貝マツブは唾液腺に弱い毒(テトラミン)を含んでいるため、唾液腺をのぞかないで多量に食べると中毒になります。命にかかわる事はありませんが、このテトラミンという毒は熱にも強い水溶性の為必ず取り除くようにしてください。

 刺身以外では、つぶ貝の甘辛煮が人気がありますね。北海道でも甘辛煮として提供するお店も多いです。刺身が苦手な人は、是非つぶ貝の甘辛煮にチャレンジしてみてください。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。