北海道の鱈の旬とおいしい料理

 北海道で獲れる鱈はマダラ、スケトウダラと呼ばれる物があります。この鱈の旬は冬になります。鱈の見分け方ですが、鱈は雌より雄が人気があります。鱈は見た目では判断できませんが、鱈のおなかを押して柔らかいのが雄で、固いのが雌になります。鱈は雄が人気があるのは雄は白子がある為人気があります。雌は真子が入っておりこれが鱈子になります。

 鱈の料理ですが、鱈ちり鍋がありますね。鱈のムニエルは洋風の定番料理ですね。鱈と白子を使ったバターのアルミ焼きもあります。スペイン料理では鱈のピルピルや冬のスーププルサルダという料理があります。鱈のカレークリームソースという料理も食欲をそそる料理です。鱈の煮付けもありますが、最初、白身の魚だから淡白な味になるかと思いましたが、脂がのっている分美味しくなっています。少し意外でした。鱈は冬の魚ですから鍋物などに1番合う印象を受けましたが、いろんな料理方があり驚きでした。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.