北海道の鮭児の旬とおいしい料理

 鮭の種類で鮭児がありこの魚は「幻の鮭児」と言われているほど漁獲量が少なく1万匹に1匹の魚です。この鮭児の旬は秋になります。

 この鮭児を使った料理ですが、幻の魚と言われているため刺し身で食べる事が、1番おいしい食べ方でしょう。他の鮭と違い脂ののりも最高で、全身トロと言われています。鮭児を手に入れたら出来るだけ刺身で食べましょう。刺し身が苦手と言う人は、鮭児の三平汁なんかいかがでしょうかおいしいですよ。

 鮭は魚自体を食べますが、卵も食べますね。イクラです。イクラの旬は、鮭児と同じく秋が旬になります。イクラはサケの雌にありますから、雌雄の見分けが必要ですね。雌雄の見分け方は、オスの頭部は口がしゃくれてきて口先に大きな牙が伸びてきます。雌の頭部は口端と目の間が短く、優しい顔つきになる。雄の尾部は雌に比べ脂鰭はかなり大きく、尾鰭はくの字になっている。尾鰭中央部は3本の隆起した銀色の線がある。雌の尾部は雄に比べて小さく、尾鰭中央部は5本の銀色の線がある。

 イクラの料理ですが、イクラ丼や海鮮丼などの火を通さない食べ方に限ります。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.