北海道の真牡蠣の旬とおいしい料理

 海のミルクと言われる牡蠣ですが、北海道ではマガキと言われています。東日本大震災で三陸の牡蠣が全滅となりましたが、北海道のマガキは幸い健在で安心しました。

 牡蠣の旬は夏と言われますがマガキの旬は冬の12月から2月です。マガキはほとんどが養殖になっております。  牡蠣の見分け方ですが、殻つきの場合は両サイドがプックリと膨らんでいるもの。重さが重い物が良い牡蠣だそうです。次に殻を空ける事が出来る場合は、膨らんでいる側が大きく膨らんでいるもの。むき身の場合は、貝柱やヒダヒダの部分が乳白色のものを目安に選んでください。

 牡蠣の料理ですが、牡蠣は割と癖がある為苦手な人や牡蠣に当たってから食べれない方が多い食材ですが、個人的にはレモンを絞って食べる生が好きです。焼き牡蠣や、牡蠣フライもアツアツのを食べるのが最高です。マガキは冬が旬なので牡蠣鍋、クリームシチュウや茶わん蒸しも忘れてはいけない料理です。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.