北海道の甘エビの旬とおいしい料理

 甘エビは越前は福井県が有名ですが、北海道でも水揚げをされています。甘エビの漁獲高は、北陸よりも以外に北海道の方が以外にも多いのには驚きました。

 甘エビの旬ですが北海道では3月から漁が解禁となることから春が旬ですね。甘エビは正式には北国赤海老と呼ばれております。殻が柔らかくて剥きやすい甘エビは、生で食べると身がとろけて甘くおいしいです。

 甘エビの選び方ですが、頭がついているときは頭がぐらついている物は避け身がしっかりしている物を選びます。頭がない物は、透明で殻のつやが良く身に張りがある物を選びましょう。鮮度が落ちると尾や足の付け根が黒く変色します。それからエビは鮮度が落ちやすいので、悪臭のあるものは絶対に避けましょう。

 甘エビの料理は、定番の刺身か海鮮丼が一押しです。剥いた殻を使った味噌汁も絶品ですね。甘エビは冷凍ものでも刺身で食べれる物は是非お刺身で食べましょう。甘エビは生で食べるのが1番おいしいです。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.