北海道のソウハチガレイの旬とおいしい料理

 ソウハチガレイは、一般には一夜干しとして有名ですが関東ではなじみのない魚です。数が少なくなっており漁獲に制限のある魚です。旬は寒い時期で冬になるでしょう。

 選び方は干物はやや強く干したもので色がくすんでいないもの。鮮魚の場合は、つやがあり目が澄んでいる物、鰓が鮮紅色の物を選びましょう。鮮度が悪くなるに従い水っぽくなります。ソウハチガレイを好んで食べるのは日本海側や北海道になります。

 普通は干物として食べますが、鮮度が良ければ刺し身として食べれます刺し身は非常においしいです。塩焼き、煮付け、味噌煮や唐揚げもおいしいです。煮付けとかでは注意をしないと盛りつけの時に身崩れするので注意をしましょう。一夜干しのソウハチガレイは、焼いてお好みで七味やマヨネーズや醤油を使うと更においしいです。機会があれば1度刺身を食べてみたいものです。でも北海道に行かないと無理かな?

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.