北海道のやりいかの旬とおいしい料理

 ヤリイカは、北海道では松前町から漁が始まって函館市などで漁が続きます。

 旬は漁が春先からおこなわれる事もあり4月からが旬になります。漁は4月から6月ごろまで行われます。

 ヤリイカの選び方は、胴の部分を指で押すと身が縮み色が変わる。透明感があり光沢がある物で目が澄んでいる物を選びましょう。

 料理ですが活きのいいヤリイカの場合は、刺し身で食べるのが1番ですね。刺し身で食べるのは外せません。丸焼きや煮付けにもヤリイカはもってこいです。寿司のネタにも使われ、一部の寿司店ではやりいかの生げそを食べれるところや活き姿寿司もあります。

 変わった食べ方としてなめろうがありますね。ヤリイカでもイカ飯として食べる事もできます。

 因みにヤリイカは雄はお刺し身で、雌は煮付けにと雌雄で食べ方が違うとは、変わった海産物ですね。ちょっとびっくりです。

 ヤリイカは今では日本全国で刺し身でも食べれるほどの鮮度の良い海産物です。保存の技術の進歩にもびっくりです。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.