北海道のにしんの旬とおいしい料理

 昔からニシンの産地だった北海道ですが、乱獲により最近では数が激減しております。漁獲の回復に努めているみたいですが、まだまだ先になるようです。その為に殆どの物が輸入によって流通しています。

 にしんの旬はその食材によりわかれます。ニシンの卵である数の子の場合の旬は春の3月から5月と言われております。ニシンの魚そのものの場合は、産卵前の秋が旬になります。

 数の子はお節料理の食材でも有名ですが、他の料理としても和えものとしての利用が多く手を加えずに食べるのがいいかもしれません。

 にしんの魚自体の料理では、定番ばかりですが、ニシンのお刺身、塩焼きや一夜干しと煮付けもありますね。有名な所ではニシンそば、かけそばの上にニシンの甘辛煮をのせたそばで、北海道や京都での名物となっています。北海道と京都で名物となっているのはニシンが京都に北前船で輸送されていた為に北海道と京都の名物となりました。他移動の小樽市ではニシンそばをアレンジした「群来そば」が売られています。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.