北海道のなまこの旬とおいしい料理

 ナマコは、他の海産物とは変わっていて寒い海を好みます。北海道でも水温が16℃以上になると、冬眠ではないですが眠りに付いてしまいます。(眠らないナマコもいます。)そして水温が16℃以下になると起き出します。その為ナマコの旬は冬になります。

 北海道では干しナマコ(乾燥ナマコ)が商品としてありますが非常に高価な食材です。ナマコは北海道では真ナマコと呼ばれ赤ナマコと青ナマコがあり赤ナマコの方が高価となっています。

 ナマコの見分け方ですが必ず生きている物で、体の色が鮮明の物。皮がしっかりしていて、表面のいぼがはっきりしている物が良いでしょう。

 ナマコの料理ですがやはり定番の酢の物ですね。もみじおろしを使うとさらにおいしいですよ。中華料理でナマコの醤油煮もありますね。ナマコの内臓を使ったコノワタも変わっています。是非1度ナマコ料理に挑戦してください。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.