北海道のつぶ貝の旬とおいしい料理

つぶ貝と呼ばれるマツブ(エゾボラ)は、北海道を中心に獲れる貝です。このつぶ貝の猟期は短いですが保存技術の進歩から1年中食べれます。旬は北海道では7月下旬から獲れ為旬もこの時期になります。

昔は不老長寿の妙薬とされていたつぶ貝の食べ方ですが、刺身用の物はやはり刺身で食べるのが一番です。すしのネタにもなるつぶ貝は大変おいしいのですが、注意しなければならないのがつぶ貝マツブは唾液腺に弱い毒(テトラミン)を含んでいるため、唾液腺をのぞかないで多量に食べると中毒になります。命にかかわる事はありませんが、このテトラミンという毒は熱にも強い水溶性の為必ず取り除くようにしてください。

 刺身以外では、つぶ貝の甘辛煮が人気がありますね。北海道でも甘辛煮として提供するお店も多いです。刺身が苦手な人は、是非つぶ貝の甘辛煮にチャレンジしてみてください。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.