北海道のするめいかの旬とおいしい料理

 日本海から北上してくるマイカ(スルメイカ)は、北海道では夏が旬の海産物で7月から漁が解禁となります。北海道の函館では漁火漁として有名でイカの中のイカという意味でマイカと呼ばれています。(諸説あり) スルメイカの選び方は目が美しい黒である事。表皮の色がはっきり残っていいる事。触った時に色が変わると新鮮なものになります。 スルメイカの料理ですと新鮮物はイカソーメンと呼ばれるお刺身で食べるのが一番でしょう。縁日の屋台で売っているイカ焼きもおいしいですね。煮物にも最適ですしシーフードカレーももってこいです。 この食べ方は好き嫌いがありますが塩辛がありますね。酒のつまみのもご飯に乗っけてお茶漬けにして食べる方もいます。 スルメイカを使った、いかめしという駅弁もあります。いかめしは1941年ごろ誕生したものでロングセラー商品です。デパート等の駅弁祭りには必ず出展されています。一度食べてみてください。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.