北海道のししゃもの旬とおいしい料理

 ししゃもは、北海道では昔から獲れていた魚ですが、近年漁獲漁が減り輸入物が多くなりましたが、今でも北海道で獲れる魚です。

 ししやもの旬は禁漁が明ける11月が旬です。ししゃもの見分け方は、腹が割れておらず卵を多く持った大型のもので、皮がぬるぬるしていない物。国産との見分け方は尾びれや腹びれが大きくてまるく、皮はあめ色(輸入物は青い感じの色となっていいます。)の物を選びましょう。

 ししやもは、栄養価が高くてカルシウムやビタミンB2やビタミンEを多く含まれており、アルツハイマーの進行抑制の効果もある魚です。

 ししゃもは頭から尻尾まで全て食べれるので丸かじりがいいですね。さっとあぶるだけの焼いたものが美味しいです。注意することは焼きすぎない事、特に子持ちのししゃもは焼きすぎると卵がはじけたりします。

 南蛮つけやマリネもおいしいですし唐揚げも最高です。これらの料理でも丸かじりできます。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.