北海道のきんきの旬とおいしい料理

 キンキは吉次と呼ばれる高級魚です。キンキは北海道でも獲れ関西よりは関東で人気のある魚です。

 キンキの旬は産卵前の11月から2月と言われています。高級魚のキンキの選び方は、目が黒く澄んでいて、体色の赤みがみずみずしく鮮やかな物を選んでください。

 キンキの料理ですがやはり王道のキンキの煮付けではないでしょうか?このキンキの煮付けもいろんな種類の煮付けがあり、定番のキンキの煮付け、キンキの甘辛煮、キンキの甘煮とろとろ煮付けやキンキの酒塩煮などがあります。刺し身でも食べる魚かなと思いましたが大変脂が強く刺し身では無理みたいです。他にはキンキのムニエルやキンキの南蛮漬けの食べ方もあります。変わった料理の仕方としてはキンキを使ったアクアバッツァ(イタリアの伝統料理)やブイヤ―ベースなどがあります。高級魚のキンキですが、王道の煮付けもおいしいですが、変わった料理に挑戦もしてみましょう。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

この記事は北海道の海産物に投稿されました. このパーマリンクをブックマークする。 コメントは受け付けていませんが、次の URL へトラックバックを残せます: トラックバック URL.