北海道の鮟鱇の旬とおいしい料理

鮟鱇は関東では珍重されていますが、関西ではあまり食べられていない深海魚です。(ふぐがあるでかな?)鮟鱇の旬は11月から3月となることから冬になるでしょう。

鮟鱇の選び方ですが、丸ごと一匹買う事はあまりないですが参考までに、色つやがよく胃に内容物が多量にないか、肝の大きさは小さくないかを注意してください。切り身の場合は、パックにや入れ物に水があまり出ていない物を選んでください。

鮟鱇はコラーゲンが多く美肌効果に効きます。鮟鱇は骨がないので1匹買うとさばくのに大変ですその時は水を口から大量に流し込むとさばきやすくなります。鮟鱇の料理は、季節も冬なのでアンコウ鍋がぴったりでしょう。

日本全国でも鮟鱇の料理はアンコウ鍋オンリーかと思いきや、変わった料理もあります。鮟鱇料理のどぶ汁という料理があるそうです。これはアンコウの肝を鍋で煎るように炒める料理で非常にアクがある料理で鮮度が良くないとできない料理です。他にも唐揚げや煮付けでも食べれるそうですが、鮟鱇の料理=アンコウ鍋を覆すには無理ですね。

 

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道の平目の旬とおいしい料理

 左ヒラメに右カレイと呼ばれている平目ですが、平目は高級魚とされています。近年では輸送や養殖の技術が進歩しており1年中食べれますが平目の旬は冬の12月から1月となります。

 平目は、表面のぬめりに透明感があり裏の白い部分の色のきれいなもの、身が厚く体色が鮮やかな物を選びましょう。切り身に場合は、身に透明感があり薄いピンク色の物を選んで下さい。

 平目は鮮度が落ちやすいので生の場合は買ってきた当日に食べましょう。

 平目の料理ですが、定番の平目のムニエルがあります。しかし、この定番料理を食べた事がないのが残念です。お刺身では、カルパッチョやコチュジャンソースをかけて食べるのも良いですね。平目の寿司も忘れないで下さい。あとは、平目の煮付けや唐揚げもあります。変わった料理では平目の餃子もあるそうです。おいしいと評価されていますが、食べるには少し勇気がいるかもしれません。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のソウハチガレイの旬とおいしい料理

 ソウハチガレイは、一般には一夜干しとして有名ですが関東ではなじみのない魚です。数が少なくなっており漁獲に制限のある魚です。旬は寒い時期で冬になるでしょう。

 選び方は干物はやや強く干したもので色がくすんでいないもの。鮮魚の場合は、つやがあり目が澄んでいる物、鰓が鮮紅色の物を選びましょう。鮮度が悪くなるに従い水っぽくなります。ソウハチガレイを好んで食べるのは日本海側や北海道になります。

 普通は干物として食べますが、鮮度が良ければ刺し身として食べれます刺し身は非常においしいです。塩焼き、煮付け、味噌煮や唐揚げもおいしいです。煮付けとかでは注意をしないと盛りつけの時に身崩れするので注意をしましょう。一夜干しのソウハチガレイは、焼いてお好みで七味やマヨネーズや醤油を使うと更においしいです。機会があれば1度刺身を食べてみたいものです。でも北海道に行かないと無理かな?

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のズワイガニの旬とおいしい料理

 ズワイガニは地域によっては松葉ガニや越前ガニと呼ばれているかにですが、地域によって旬が違います。日本海では冬が旬と言われていますが、北海道のズワイガニの旬は春の4月から5月となります。

 ズワイガニの選び方ですが、活きている物が1番です。大きくて重い物を選びましょう。黒く変色していたり足が獲れているいるものはNGです。後、殻が固い物が良いですね。

 ズワイガニの食べ方ですが、やはり簡単で定番の塩ゆでがおいしいですね。シンプルですがカニを食べたという気持ちが強いと思います。他ですとカニの茶碗蒸し、カニ玉やカニチャーハンなど、ありますがやはり定番の塩ゆでが一番でしょう。寒い時にはズワイガニの鍋物も良いですね。出汁が出てこちらもしっかりカニを食べた気分なります。締めには雑炊も最高です。剥いた殻を使っての、カニ汁やカニのみそ汁もいいですね。あますとこなく使えるのが良いですね。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のなまこの旬とおいしい料理

 ナマコは、他の海産物とは変わっていて寒い海を好みます。北海道でも水温が16℃以上になると、冬眠ではないですが眠りに付いてしまいます。(眠らないナマコもいます。)そして水温が16℃以下になると起き出します。その為ナマコの旬は冬になります。

 北海道では干しナマコ(乾燥ナマコ)が商品としてありますが非常に高価な食材です。ナマコは北海道では真ナマコと呼ばれ赤ナマコと青ナマコがあり赤ナマコの方が高価となっています。

 ナマコの見分け方ですが必ず生きている物で、体の色が鮮明の物。皮がしっかりしていて、表面のいぼがはっきりしている物が良いでしょう。

 ナマコの料理ですがやはり定番の酢の物ですね。もみじおろしを使うとさらにおいしいですよ。中華料理でナマコの醤油煮もありますね。ナマコの内臓を使ったコノワタも変わっています。是非1度ナマコ料理に挑戦してください。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道の鱈の旬とおいしい料理

 北海道で獲れる鱈はマダラ、スケトウダラと呼ばれる物があります。この鱈の旬は冬になります。鱈の見分け方ですが、鱈は雌より雄が人気があります。鱈は見た目では判断できませんが、鱈のおなかを押して柔らかいのが雄で、固いのが雌になります。鱈は雄が人気があるのは雄は白子がある為人気があります。雌は真子が入っておりこれが鱈子になります。

 鱈の料理ですが、鱈ちり鍋がありますね。鱈のムニエルは洋風の定番料理ですね。鱈と白子を使ったバターのアルミ焼きもあります。スペイン料理では鱈のピルピルや冬のスーププルサルダという料理があります。鱈のカレークリームソースという料理も食欲をそそる料理です。鱈の煮付けもありますが、最初、白身の魚だから淡白な味になるかと思いましたが、脂がのっている分美味しくなっています。少し意外でした。鱈は冬の魚ですから鍋物などに1番合う印象を受けましたが、いろんな料理方があり驚きでした。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のきんきの旬とおいしい料理

 キンキは吉次と呼ばれる高級魚です。キンキは北海道でも獲れ関西よりは関東で人気のある魚です。

 キンキの旬は産卵前の11月から2月と言われています。高級魚のキンキの選び方は、目が黒く澄んでいて、体色の赤みがみずみずしく鮮やかな物を選んでください。

 キンキの料理ですがやはり王道のキンキの煮付けではないでしょうか?このキンキの煮付けもいろんな種類の煮付けがあり、定番のキンキの煮付け、キンキの甘辛煮、キンキの甘煮とろとろ煮付けやキンキの酒塩煮などがあります。刺し身でも食べる魚かなと思いましたが大変脂が強く刺し身では無理みたいです。他にはキンキのムニエルやキンキの南蛮漬けの食べ方もあります。変わった料理の仕方としてはキンキを使ったアクアバッツァ(イタリアの伝統料理)やブイヤ―ベースなどがあります。高級魚のキンキですが、王道の煮付けもおいしいですが、変わった料理に挑戦もしてみましょう。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道の鮭児の旬とおいしい料理

 鮭の種類で鮭児がありこの魚は「幻の鮭児」と言われているほど漁獲量が少なく1万匹に1匹の魚です。この鮭児の旬は秋になります。

 この鮭児を使った料理ですが、幻の魚と言われているため刺し身で食べる事が、1番おいしい食べ方でしょう。他の鮭と違い脂ののりも最高で、全身トロと言われています。鮭児を手に入れたら出来るだけ刺身で食べましょう。刺し身が苦手と言う人は、鮭児の三平汁なんかいかがでしょうかおいしいですよ。

 鮭は魚自体を食べますが、卵も食べますね。イクラです。イクラの旬は、鮭児と同じく秋が旬になります。イクラはサケの雌にありますから、雌雄の見分けが必要ですね。雌雄の見分け方は、オスの頭部は口がしゃくれてきて口先に大きな牙が伸びてきます。雌の頭部は口端と目の間が短く、優しい顔つきになる。雄の尾部は雌に比べ脂鰭はかなり大きく、尾鰭はくの字になっている。尾鰭中央部は3本の隆起した銀色の線がある。雌の尾部は雄に比べて小さく、尾鰭中央部は5本の銀色の線がある。

 イクラの料理ですが、イクラ丼や海鮮丼などの火を通さない食べ方に限ります。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道の鮭の旬とおいしい料理

 鮭の旬ですが、北海道で獲れる鮭は種類が多く、その種類により旬が違います。時鮭(ときしらず)は、春が旬です。秋鮭はその名とおり秋が旬になります。

 鮭の見分けからですが、きれいな赤若しくは赤みが掛かった朱色でハリとツヤのあるもを選びましょう。

 鮭の料理ですが、寿司のネタにもなるほど人気がある鮭ですが鮭のおにぎりは外せません。家でもレストラン気分で食べれるのがサーモンソテーやサーモンのムニエルですね。作り方も難しくなく手軽に作れる料理です。刺し身感覚で食べるならサーモンのマリネのサラダもおいしいですね。特に脂の乗っているのは最高です。鮭の粕汁も冬にはぜひ食べたくなりますが酒粕が苦手な人は鍋物として鮭を使う石狩鍋も良いですよ。北海道では、鮭のチャンチャン焼きがありますね。北海道以外のお店でも食べれる所があるほどの人気メニューです。北海道にお越しの際にはぜひ本場のチャンチャン焼きを食べてみましょう。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。

北海道のたこの旬とおいしい料理

 北海道でタコが獲れるのが4月から12月までとされております。

 タコの旬ですが他の地域では1年中獲れるとこもあり難しいとこですが4月から獲れるため旬は春から夏にかけてではないでしょうか。

 タコを選ぶ時は、新鮮なタコの場合は表皮の色が茶色であり、たたくと色が変色する物が活きがいいですね。茹でてあるタコを選ぶ場合は、足がきれいに内側に巻いてある物を選び、胴がヌルリとして皮が禿げている物は避けましょう。

 タコの料理ですが、1番に思い浮かぶのがタコ焼きですね。タコを食べれる人にとっては必ず食べる料理ではないでしょうか。タコの薄造りやお刺身も弾力がありおいしいですね。タコのしゃぶしゃぶを食べれるお店もありますね。 外国でもタコを使う料理が多くタコのカルパッチョやパスタにタコを使う料理もあります。世界中で食べられている海産物です。

 数あるタコの料理の中では、1番人気はやはりタコ焼きでしょう。私も1番好きなタコの料理です。

【かに王国】北海道の産地直送「かに」販売

カテゴリー: 北海道の海産物 | コメントは受け付けていません。